ARTISTS
01
アニエス・ヴァルダ×JR
Agnès Varda x JR
インサイドアウト・プロジェクト×『顔たち、ところどころ』in 浅間国際写真フェスティバル
Inside Out Project x "Faces Places" at Asama International Photo Festival

2018

フランスの巨匠アニエス・ヴァルダと気鋭のアーティストJR。年齢差54歳のふたりによる共作ドキュメンタリー映画が『顔たち、ところどころ』です。JRは、2011年より大都市から紛争地帯まで、そこに住む人々のポートレイトを巨大ポスターにして街に貼り出し、個々の物語を街に映し出す「インサイドアウト・プロジェクト」を展開。これまで129カ国、26万人以上の人々が参加しています。ふたりは撮影用の車「フォト・トラック」で旅に出かけ、村人たちと一期一会のセッションを重ねました。

アカデミー賞ドキュメンタリー賞にノミネートされ、9月日本公開予定ですが、浅間国際フォトフェスティバルで特別上映されるのを記念し、JRによる日本版「フォト・トラック」が登場。来場者のポートレイトを撮影・展示していきます。
 

『顔たち、ところどころ』特別試写会の詳細はこちら

アニエス・ヴァルダ
1928年生まれ。1955年デビュー作『ラ・ポワント・クールト』でヌーヴェル・ヴァーグの一派である“セーヌ左岸派”を代表する映画監督に。1965年の『幸福』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。2018年、第90回アカデミー賞では長年の功績を称え名誉賞が授与されました。
JR(ジェイ・アール)
1983年生まれ。2006年にパリ郊外の公営住宅に住む若者たちの写真をゲリラ的にストリートに貼った「Portrait of Generation」で世界に大きなインパクトを与えて以降、世界の街を舞台とし、様々な問題提起を行っています。2011年にはTED Prizeを受賞。