ウィージーConey Island
Coney Island

© Weegee (Arthur Fellig) / International Center of Photography



警察無線を傍受し、誰よりも早く事件現場に駆けつけたウィージー 。愛車のシボレー車に最新鋭の4×5のプレスカメラとストロボ、無線機を乗せて街を走り回り、写真撮影の後は車の中で現像とプリントを行って、タイプライターでキャプションを打ってすぐに新聞社へ持ち込んだ。報道用のスクープ写真ではありながらも、どこかウィットに富んだウィージーの写真は、ユニークな撮影スタイルとも相まって、当時の新聞社からは引く手数多だった。

コニー・アイランドで、1940年7月28日の午後4時に撮られたこの一枚では、無数の人がビーチを埋め尽くしている。この年ニューヨークは記録的な猛暑で、特別なイベントがあったわけでもなく、ビーチには100万人以上が訪れたという。ウィージーが絶えず追い求めてきた人間のドラマ。それらは80年の時を経てもなお、私たちに驚きを与えてくれる。この写真は代表作『Naked City』の表紙や、ジョージ・マイケルのアルバム『LISTEN WITHOUT PREJUDICE VOL.1』(1990年)のジャケットになり、ウィージーを象徴する一枚となっている。

Artist
  • ウィージー
    1899年、ウクライナ生まれ、1968年没。本名アッシャー・フェリグ。1910年にニューヨークに渡り、写真スタジオ、大手通信社勤務を経て、フリーランス写真家となる。以降、大手新聞や雑誌を中心に殺人現場、火事、ギャング、ホームレスなどセンセーショナルかつユーモアとヒューマニティあふれる写真で人気を博す。1945年に写真集『Naked City』を刊行。
Spot
御代田写真美術館(MMoP)
住所:
〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町大字馬瀬口1794-1
  • Facebook
  • Twitter
OTHER Exhibitions